夢を諦めないで頑張る人

アメリカ副大統領「カマラ・ハリス」がコンバースのスニーカーを愛する理由

 

女性として、黒人として副大統領「カマラ・ハリス」のファッションが今話題ですね。

女性政治家のイメージと言えばスカートスーツのコンサバファッション、靴はパンプスですよね。

彼女の愛用しているスニーカーはコンバースの「テャックテイラー」

男性と同等に仕事をするためにシンプルなパンツスーツ姿にTシャツとスニーカー。

時代にあっている身軽なカジュアルなスタイルですね。

 

アメリカ副大統領「カマラ・ハリス」

 

生年月日 1964年10月20日(56歳)
出生地  アメリカ合衆国 カリフォルニア州オークランド
出身校 ハワード大学
カリフォルニア大学ヘイスティングス・ロー・スクール
前職

サンフランシスコ地方検事

Wikipediaより

 

 

ジェンダーニュートラル

 

「ジェンダーニュートラル」とは、男女の性差にとらわれない考え方です。

「女はこうあるべき」といった伝統的に根付いた性別による役割認識をはじめ、性やジェンダーにしばられない言葉や思考、社会制度などを指します。

政治家として闘い続ける彼女を支えてきたのは、インド出身の母が残してくれた精神だそうです

 

コンバースのスニーカーコレクション

黒のレザー、白、ひも付き、紐なし、暑い季節用、寒い季節用、パンツスーツに合わせた厚底のものなど、(コンバースの)チャックテイラーの全シリーズをコレクションしているそうです。

「靴紐を結んで勝ちに行く」

若さとエネルギーの伝達手段にもなる。

 

 

われわれのアイコニックな“オールスター”

スニーカーは、時代の進化、変革、創造性の瞬間にいる

彼女はパールのネックレスも愛用しています。

このネックレスには特別な思いが込められているそうです。

名門黒人大学、ハワード大学時代、初の黒人女性のためのソロリティ(学生社交クラブ)、アルファ・カッパ・アルファ(AKA)のメンバーだったことから、そのシンボルのパールを身に着けるようになったそうです。

カジュアルなコンバースと合わせてもぴったりですね。

「パールは教養と知恵の象徴です」

 

 

まとめ

最後までお読みいただいてありがとうございました。

いかがだったでしょうか?

新世代の彼女のファッションは

アメリカの低価格のスニーカーで国民に親近感を感じさせる政治的戦略だけではなく、

これまでの常識を超えた彼女の主張や未来への思い夢や希望を感じることができますね。

ハリス大統領の生き方やファッションのまねをしたいという方が増えているようです。

これからも彼女のファッションにますます注目ですね。

ABOUT ME
マルトレ
最新のトレンドを発信するサイトです
RELATED POST
error: Content is protected !!