大人のスタイル研究所

アミノ酸を摂って質のいい睡眠を!「早起きは三文の徳」です

 

こんにちは、NAOMI が配信しています。

【夢の中へ行ってみたいと思いませんか?】を読んでいただきありがとうございます。

 

「どうせ歳だから・・・」と諦めてしまっていませんか?

老化のスピードがますます加速されていますね。

カラダは徐々に衰え、あちこちにトラブルが出やすくなります。

「若い頃は大丈夫だったのに・・・」

今回は、避けては通れない加齢によるトラブルの原因と対策についてご紹介します。

 

「春眠暁を覚えず」の詩のように、気持ちのいい季節ですね。

日照時間が長くなり、日中についウトウト眠くなってしまいます。

同じ睡眠時間でも、夜はしっかり眠って規則正しい生活リズムをつくり、気持ちのよい暁を迎えたいですね。

 

早起きには最適な季節ですよ。
三文得しますから。

朝5時起きが習慣になる「5時間快眠法」

睡眠は「質×時間」

質の改善

質の良い睡眠と短時間睡眠をする

スッキリした目覚めや、精力的に仕事に取り組めることは、他に代え難い充実に繋がると思います。

◎寝ても疲れがとれない

◎朝に弱い

◎余裕のある日々を過ごしたい

アミノ酸「グリシン」を寝る前に摂るだけで深い眠りにつくことが出来る。

グリシン (glycine) とは、タンパク質を構成するアミノ酸の中で最も単純な形を持つアミノ酢酸のこと
タンパク質ではグリシンはわずかしか含まれていないが、ゼラチンエラスチンといった、動物性タンパク質のうちコラーゲンと呼ばれるものに多く(全体の3分の1くらい)含まれる。

wikipedia

 

アミノ酸を取るには、何食べる?

 

まぐろ、かつお、あじ、サンマ、牛肉、鶏肉、卵、大豆、高野豆腐、チーズなどに多く含まれています。

牛乳などの乳製品、肉、魚、卵などのBCAAを多く含む良質の食品を普段から積極的に摂りましょう。

  • 高齢者の免疫力が低下しを回復
  • お肌の美容と健康
  • 免疫とは、病原性の細菌やウイルスが体内に侵入したときにそれを排除しようとして働くカラダの自己防衛グリシンは何食べたら取れるの?
    グリシンを摂るには、何食べる?

ホタテやエビ、カニなどのほか、牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類に多く含まれています。

坪田聡 著者

 

 

 

「最低限の睡眠時間で、最大限に疲れをとり、余裕のある日々を過ごす」

「5時間快眠」が定着し、「朝5時起き」が習慣になれば、あなたの人生に自由な時間が増え、その中身も濃くなる。本書によって、あなたが幸せな人生を送ることができたら、これ以上の喜びはない。

 

 

 

「早起きは三文の徳」

 

「早起きは三文の徳」は、「朝早く起きると少しだけいいことがある」「必ず何らかの利益になる」という意味のことわざで、「はやおきは さんもんの とく」と読みます。また、古くは「朝起きは三文の徳」とも言ったようですが意味は同じです。

ことわざ

 

「早起きは三文の徳」のあとに、「早起き」と対比した「夜なべは十文の損」や「長寝は三百の損」などの言葉が続くとされる一説もあります。

早起きするしかないですね。

爽やかに目覚めた私だけの時間、ワクワクしますね。

 

まとめ

 

時間に余裕を持つだけでも、日々の生活が良い方向に向かうこともあるので、ぜひ「早起きは三文の徳」を実行してみてください。

 

 

ABOUT ME
nawomi619
nawomi619
このサイトを運営している nawomiです。 65歳からでもひとり旅は遅くない。携帯電話を片手にリュック・スニーカーで、知らない世界に行って見たい。 好奇心のまま歩く・観る・食べ る・聴く 発見がいっぱい!! 感動がいっぱい!!
RELATED POST
error: Content is protected !!