60代 WOMANにおすすめしたいこと

「生きるとか死ぬとか親父とか」ジェーンスーさん親子の物語です。

4月9日から始まったばかりのドラマ

ジェーン・スーさん原作の「生きるか 死ぬか 親父か」をご紹介します。

ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家のジェーン・スーさん自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリーです。

 

「生きるか 死ぬか 親父か」

 

キャスト

吉田羊(トキコ) ジェーン・スーさん

メガネとへアーバンドでソックリ!

ラジオの語り口までスーさんを演じています。

國村準 

たった1人の肉親 破天荒な父 80歳

 

 

ドラマ一回目「あぁ私はまだ父を許せていないのだ」

 

ジェーン・スーさんとお父さまの親子のお話。

「母の他界で、父と娘は一度、家族の縁が切れるんだな・・・」と思っていたのに

父への愛憎入り混じり…

「まだ、父を許せていない」とわかったと言う。

なのに

なぜ?

引越しをしたいと言う自由奔放な父(#國村隼)に援助するの?

お金を出すの?

トキコは振り回される。

 

 

許す、許さないの2択だけが家族ではないのかもしれない、と。はらわた煮えくりかえるような感情もあると同時に、どうしようもなく抗えない愛しさで、ただ居てくれればいいやと思うこともある。それは別に、両方の気持ちを持ったままでもいいのかもしれないな、と。

 

80歳の父とむかい合い生きていく覚悟

大人になった親子関係って複雑な心境ですよね。

 

原作「生きるとか 死ぬとか 親父とか」

 

 

“破天荒で女性に愛されるというお父さんのキャラに、彼女は振り回されるんだろうな”

 

友人から「オレオレガチ」と称される父。

愛憎半ばしつつも、求められれば応じずにはいられない娘の姿は、著者のこれまでの作品とは少し趣が違う。

父との緩衝剤の母が亡くなり、父娘は愛と憎をあざなった縄のよう。

「愛も憎も量が多いほどに縄は太くなり、やがて鋼の強度を持つようになる」
と著者は語る。

 

印象的だった言葉は

「安く成り下がったものが美談。無様な不都合を愛憎でなぎ倒してこその現実」

 

まとめ

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は ジェーンスーさん原作の「生きるか 死ぬか 親父か」についてご紹介いたしました。

いかがでしたか?

とても面白くて多才な方ですね。

ドラマも楽しみです。

 

ABOUT ME
マルトレ
最新のトレンドを発信するサイトです
RELATED POST
error: Content is protected !!