nawopom のファッションブログ

「ファストファッション」の裏側の問題点をご存知ですか?

こんにちは

いつも、素敵におしゃれを楽しんでいますね。

 

今日は、何着ようかナ?

口紅は何にしようかナ?

考えますよね。

この時間こそ素敵な時間

鏡の前の自分に、”今日も素敵!”って笑顔で伝えましょう。

素敵なあなたの素敵な1日はじまります。

 

よく聞く言葉ですが、

ファストファッション」ってどんなファション?

「早くて安い」ファションのことをファストファションと言う。

ファストファッションとは、fast(速い) fashion(ファッション)

安価でトレンドアイテムの人気ブランドはユニクロ、GU、ZARAなど

大量に生産の服。

短いサイクルで世界的に販売するファッション業態のこと

 

「早くて安い」食べ物のことをファーストフード

マクドナルド すき家

 

 

 

 

 

fast foodとは短時間で調理、注文してからすぐ食べられる食品や食事のこと

 

 

 

ファストファッションの問題点

 

ドキメンタリィ映画「THE TRUE COST」

ファストファションの問題点ファストファッションビジネスの闇を描いたドキュメンタリー映画「THE TRUE COST〜真の代償〜」の一夜限りの上映会が都内で開催され、本編が日本初公開された。同作は、先月NYでの公開を皮切りにメディアからも注目を集め、世界中で公開が決定。

「THE TRUE COST」映画情報

「THE TRUE COST」は、途上国の過酷な環境下で働く労働者や、経済学者、環境活動家、オーガニックコットンの栽培農家、ファッションデザイナー、ファッションブランドの経営者など様々な視点を元にファッション産業の”闇”を浮き彫りにしたドキュメンタリー映画

ディレクター・・・アンドリュー・モーガン

 

「誰かの利益は、他の人々を搾取することによ って得られるものであっては決してならない」

私は、この映画が人間の進歩に必要な一歩となることを     心から願っています。

 

 

 

「私たちはモノを消費することで幸せを求め続けるのか?このシステムに満足するのか?

 私たちが直面しているすべての難題の中で大きすぎて手に負えないと感じている問題も

 まずは衣服から取り組みを始められるかもしれない」
出演・・・ァンダナ・シヴァ

 

ヴァンダナ・シヴァ

1952生まれのインド哲学者、環境活動家。

1978年、ウェスタンオンタリオ大学で博士号取得

1993年、ライト・ライブリフッド賞を受賞。2012年には福岡アジア文化賞・大賞を受賞した。

1993緑の革命遺伝子組換え作物に代表される現代農業に対して批判的である

 

「健全なたねが十分にあれば、食糧不足が起こるはずはない」

「『たね』は、サンスクリット語やヒンディー語で『ビジャ』と言います。生命の源、という意味です。小さな1粒のたねの中に、生命のすべての可能性が詰まっているのです」

 

ステラ・マッカートニー

 

ステラ・マッカートニー - Wikipedia

1971年9月13日 – )はイギリスファッションデザイナー

ビートルズポール・マッカートニーリンダ・マッカートニーの次女

 

STELLA McCARTNEY(ステラ・マッカートニー)

「エコロジスト」として知られているステラは、ブランドで発表するデザインにレザーや毛皮などを一切使用していません。理由は動物愛護と、環境保全です。

ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)は2020年夏コレクションを、フランス・パリで発表した。これまでで最もサステナブル会場は今シーズンもオペラ座でおなじみのガルニエ宮。

コレクションそのものも“これまでで最もサステナブル”と謳う通り、再生ポリエステル、オーガニックコットン、素材を今まで以上に取り入れている。

 

ファストファッションの服が、どこで、誰が生産しているの?

ファストファッションは、驚くほど安い値段で、ものすごいスピードで、

毎週新しいものが店頭に並びます。

製造コストを極限まで削り安い賃金で人を雇い、

途上国の縫製工場でたくさんの貧しい人たちが働いています。

 

服を作るのに、大量の化学肥料や農薬を使っている。

 

綿花を栽培をしている農村では、

農薬中毒でたくさんの人が亡くなってる。

この地球に負荷をかけているのか?

 

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は、ファストファッション業界の裏側について、学ぶことができました。

ファストファッションの本場アメリカは、年間1000万トン以上の衣料品ゴミが出ています。
日本では1年に90万トン以上、40億着以上の服が廃棄されます。
世界中がゴミ問題が起きているいます。
いかがでしたか?
私たちの暮らしの中から、地球環境を考えよう!

 

 

ABOUT ME
nawomi619
このサイトを運営している nawomiです。 65歳からでもひとり旅は遅くない。携帯電話を片手にリュック・スニーカーで、知らない世界に行って見たい。 好奇心のまま歩く・観る・食べ る・聴く 発見がいっぱい!! 感動がいっぱい!!
RELATED POST
nawopom のファッションブログ

70s nawopomインスタ「ベージュのコーディネートス」を紹介します。

2021年1月9日
ファッションから生き方を見つける
なぜ?ストリートファッションに夢中なのか? 「おしゃれに見える?」 「痩せて見える?」 他人からどう思わるかのではなく、 「自分らし …
error: Content is protected !!