ファッション

黒い服お好きですか!?知的な大人を演出知る方法

 

あなたは、黒い服がお好きですか?

黒い服を何着持っていますか?

 

 

汚れが気にならない

スタイルをよくみせる

 

 

モノトーンのコーディネートはモードな雰囲気が醸し出され

おしゃれな人が着るモード感強いイメージがありますよね。

 

 

黒い服のイメージは?

 

気品にあふれ高級感あふれる

神秘的で強いイメージを秘めています。

モダンな雰囲気を加えるので組み合わせに便利な色です。

どんな色にも合わせやすい

着やせして見える

 

モノトーンコーディネートは都会的でとてもカッコいいですよね。

ブラックカードに代表されるように黒はゴールドよりも高いステータスで扱われます。

 

 

黒い服が好きな理由

 

・細く魅せたい

・カジュアルなスタイルに高級感を取り入れたい。

・コーディネートを大人な雰囲気にしたい

 

黒は、ごまかせないほど素材から出る良し悪しが目立つので、気を付けたいですね。

 

 

黒にはネガティブなイメージがある

 

相手の心理に威圧感や圧力を感じさせる色と言われます。

心理的に精神的な強さや権力を表すため、常に身に付けていると、周りの意見に耳を傾けなくなりがちです。

孤独や警戒心を表現する色でもあります。

黒は顔色を悪く見せてしまう。

 

 

黒い服を選びがちな人の性格のマイナス面は、黒を着ることによって自分の欠点を隠そうとする傾向があることです。

 

 

周囲にどんなメッセージを発しているのか?

 

 

無口、ひとりが好き、音楽が好き、打ち解けない、嫌われ者と思っている、才能があると思っている、他人が怖い、孤独、独立心が強い、完璧主義、威厳、粘り強い、ポーカーフェイス、自信過剰、近寄りがたい、秘密主義、強情、干渉されたくない、芸術肌、反骨精神旺盛

 

確かにミステリヤスな雰囲気が好きですが、取っ付きにくい雰囲気を出していたのではいけません。

デメリットを改善しよう。

 

 

 

 

黒は有彩色をもっとも引き立たせる色です。

 

黒い色が好きだからデメリットを克服しましょう

 

 

他人に強いイメージを与えていた色。

いつも黒い服ばかり着ている人は、メリットとデメリットを把握して、上手にアレンジを加えることをおすすめします。

 

今まで全身黒コーデが多かった人は、小物やメイクを変えるだけで大きくイメージが変わり、対人関係の問題もすんなりうまくいくようになるかも知れません。合わせやすいからと言ってつい黒ばかり選んでしまっていた人も、この機会に着こなし方を見直してみませんか?

コーディネートで自立した知的な女を演出

 

黒い服は、自分らく合わせやすいですが、いつも同じコーディネートになってしまう。

新しい服を着ていてもいつもと、イメージが変わらない。

 

ワンパターンから抜け出したいですね。

上手にコーディネートやアレンジ法を身に付けることをおすすめします。

 

それでも自分らしくいるために黒い服を着たい、小物使いでのもおすすめです。はないでしょうか。

同じ黒い服でも、テイストの違うブランドや素材を合わせて、平凡なコーディネートからイメージチェンジするのもおすすめです。

 

メイクで華やかに見せる

メイクは、カラーを取り入れ、アイシャドーやリップなどに明るい色を取り入れて、顔の印象を和らげましょう。

メイクにもトレンドを取り入れれば、黒ずくめのファッションも一気に都会的で洗練された感じになります。

知的なイメージのあるオレンジリップはトレンドアイテムでもあるので、無難な黒コーデが旬を感じさせるスタイルに変身します。

 

小物でおしゃれ度高いコーディネート

 

ブレスレットや、キラキラチェーンのついたバッグを合わせて、全体の印象を明るく見せているのもポイントです。

バッグや靴など小物で季節感を楽しもう。

小物やコーディネートによっては印象が変わるので、工夫が必要です。

顔周りを明るくするために、スカーフやアクセサリーなどにポイントとなる差し色を加えれば、印象は大きく変わってきます。全身黒のコーディネートより垢抜けて見えるため、オシャレ度もUPすること間違いなしです。

カラフルな小物を差し色にすると、印象が一気に明るくなります。画像のように、赤のバッグと、赤いラインの入ったスニーカーを合わせて、小物同士にも統一感を出せば、計算されたおしゃれ度の高さを感じさせるコーディネートになります。ワンポイントで、スニーカーのブルーを際立たせているのも可愛いですよね。無難な普段着の黒コーデにカラフルなテイストが入るだけで、アクティブなイメージに変わるので、忙しいママさんの気分も上げられるので

 

黒い服のデメリットを克服するためには、黒い装いとのコントラストで、より華やかなイメージに格上げできるでしょう。

 

パールなど上品なアクセサリーで固いイメージを優しいイメージに変える

 

パールなど、アクセサリーを合わせると、黒い服が上品で優しいイメージに変わります。

ゴージャスな大粒のネックレスなどよりも、小粒のコットンパールなど、可愛らしいイメージのあるアイテムがおすすめです。良い意味で話しかけやすい隙ができます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

全身黒ずくめの服は、自分らしさをアピールしているだけでなく、他人へメッセージを送っていたのですね。

素材や色の組み合わせを考えながら、素敵に見えるコーディネートを探して見ましょう。

 

 

 

ABOUT ME
マルトレ
最新のトレンドを発信するサイトです
RELATED POST
error: Content is protected !!