おもいつきやひらめきを劇的に上げる

朝活ウオーキングで人生が変わる?2歩吸って4歩吐く1歩でも多く歩こう

「早寝早起き」が

「科学的にも心身の健康に重要」であると承認されたこと

ご存知ですか?

 

 

朝日を浴びて、素晴らしい一日の始まりです。

目指しましょう。

 

早寝早起きで人生が変わることご紹介します。

 

 

歩き方で人生が変わる

 

人間の尊厳は、食事、排泄、そして移動すること。

①50代、60代は、歩行速度と歩幅をチェック

②70代は、「三歩歩いたら健康、五歩歩いたら幸せ」をモットーに

③80代は、「おしゃれして歩く」これです

④90歳以上は、バリアアリーノ、家の中を運動場に。※いつか「歩行」が「移動」に変わる日が来る。

一つでも薬を減らして、たとえ1分でも歩くことを楽しもう! 長尾和宏「歩き方で人生が変わる」

2017.10発行。
著者の「歩行3部作」:「病気の9割は歩くだけで治る」「認知症は歩くだけで良くなる」「歩き方で人生が変わる」

 

政治家の歩き方の特徴

ビルゲイツ

小泉純一

小池百合子

 

ピンと背筋を伸ばし、大股で一本の線の上をまっすぐに歩く。

成功を勝ち取った政治家の歩き方でね。

職業によっても歩き方は違うようです。

そんな見方をしてみたら楽しい発見がありますね。

 

ウォーキングは歩き方が重要!

 

私は、歩くことは、感謝。

朝のウオーキング

街を歩く

旅行

登山

歩くことができて、見たことのないものが見えて、感じる

ことが出来るのだから歩くことは素敵なことですね。

 

基本の姿勢

 

ウォーキングの正しい歩き方をマスターするためには、正しい姿勢で立つことが大切なようです。

・猫背にならないように、頭が上に引っ張られているイメージでしっかりと背筋を伸ばして立ちましょう。

・肩に力を入れず、腰が反らないように注意しましょう。

・上向きに遠くを見ながら耳や肩、膝、くるぶしが一直線になるような姿勢を保ちます。

 

 

呼吸法は腹式呼吸で

 

 

有酸素運動の効果を高めるためには、呼吸法も重要です。

 

・鼻から息を吸いこんで口から吐き出しながら、お腹が上下に動く腹式呼吸。

・全身に酸素を送り込み心肺機能を高められるようにするためには、しっかりと息を吐ききるように意識する。

・2歩吸って、4歩吐く、息を吸うよりも吐く割合を少し増やすと、しっかりと息を吐き出すことができる。

 

 

近年は中強度のスピードで20分ウォーキングするのが良いとされ、ウォーキングを含めて歩数にして一日8000歩程度の歩行が理想とされています。

 

 

腕時計で万歩計

 

歩数だけでなく、消費カロリーや脂肪燃焼量、歩行距離、心拍数、登った階段の数、睡眠記録などのデータを把握できる。

 

GPS機能が搭載されているかどうかも重要なポイント。GPS機能があれば、自分が歩いたコースやペースなどをリアルタイムでチェックできます。

 

スマートウオッチで何歩歩いたか?

距離を測る?

ウオーキングの後のチェックが楽しみです。

 

ABOUT ME
nawomi619
このサイトを運営している nawomiです。 65歳からでもひとり旅は遅くない。携帯電話を片手にリュック・スニーカーで、知らない世界に行って見たい。 好奇心のまま歩く・観る・食べ る・聴く 発見がいっぱい!! 感動がいっぱい!!
RELATED POST
おもいつきやひらめきを劇的に上げる

思いつきやひらめきを劇的に上げる!?お風呂時間で優雅にする瞑想は効果UP!

2021年6月8日
ファッションから生き方を見つける
瞑想は脳を変化させ免疫力をアップさせるいくつかの効果があることを耳にしますね。 ビル・ゲイツは、「All it takes 10 mi …
おもいつきやひらめきを劇的に上げる

朝活ウオーキングで「ひらめき脳の作り方」!?ひたすら運動が脳を成長させる!

2021年7月2日
ファッションから生き方を見つける
「脳は無限に成長する力を持っている」 朝のウオーキングを習慣化するために、60代にとっては、力強い言葉ですね。 物忘 …
おもいつきやひらめきを劇的に上げる

思いつきやひらめきを劇的に上げる!?丹田呼吸法で生まれる「新たなる人間像」

2021年6月9日
ファッションから生き方を見つける
どんなときも、 何も考えなくても息はしてますよね。 「呼吸」「瞑想」は、思いつきやひらめきを劇的に上げるためにとても深い関係があ …
おもいつきやひらめきを劇的に上げる

「右脳の冒険―内宇宙への道 」なぜ右脳なの?

2020年7月12日
ファッションから生き方を見つける
『人間は究極の楽観主義になることが最大の目的地なのだ。』 「右脳」稼動させる必要がある。 コーリーウイルソン著『右脳の冒険』を紹介いたします。  …
error: Content is protected !!