人生を諦めない先輩たち

「外尾悦郎」さんサグラダファミリアの石を40年掘り続けた理由

 

スペインに行ったら、バルセロナのガウディ作品を観たい!

その中でも、サクラダファミリアには必ず行ってみたい!

でも、コロナ自粛期間はどこにも行けないし、いつ海外に行くことができるでしょう。

 

ガイドブックをみて計画をしたり、思いがけないことを調べたりしましょう。

楽しいですよ!

 

サクラダファミリアの石を掘りつずけて40年の日本人がいるのです。

外尾悦郎は、石に恋している

 

外尾悦郎(そとお・えつろう)
昭和28年福岡県生まれ
京都市立芸術大学彫刻科卒業
中学校・高校定時制非常勤教師として勤務した後、バルセロナへ

『ガウディの伝言』(光文社)
『サグラダ・ファミリアガウディとの対話』(原書房)

「いまがその時、その時がいま」

 

本当にやりたいと思っていることがいつか来るだろう、その瞬間に大事な時が来るだろうと思っていても、いま真剣に目の前のことをやらない人には決して訪れない。憧れているその瞬間こそ、実はいまであり、だからこそ常に真剣に、命懸けで生きなければいけないと思うんです。

 

目の前のことを真剣にやる

よく聞く言葉ですがちょっと響が違って聞こえた。

「今日はまぁいいか」は、60%の自分

「100%の自分ってあるかもしれない」100%の自分を見たいと思う。

外尾悦郎さんはなぜ?

「興味関心や好奇心が原動力が根底にあるからだ」と分かりやすい言葉で言ってくれます。

2000年に完成した「誕生の門」が世界遺産に登録された。

 

ガウディを見ていたのでは答えは出ない。ガウディが見ている方向を見て、彼のやりたかったことは何だったのかということを、もう毎日、毎時、毎分、毎秒考えている。そのためには彼と同じだけの知識、というのは不可能ですが、それに近い最低限の知識を持ち、ガウディの立っていた所に立つ。それが仕事の基本姿勢ですね。

 

まとめ

 

サクラダファミリアを見たとき、まず命をかけて40年間取り組んできた外尾悦郎さんの顔が浮かぶでしょう。

彫刻の一つ一つに込めた「丹精」が見えるでしょう。

厳しい条件の中で、外尾悦郎さんが取り組んできた作品の数々に感動するでしょう。

 

 

ABOUT ME
nawomi619
nawomi619
このサイトを運営している nawomiです。 65歳からでもひとり旅は遅くない。携帯電話を片手にリュック・スニーカーで、知らない世界に行って見たい。 好奇心のまま歩く・観る・食べ る・聴く 発見がいっぱい!! 感動がいっぱい!!
RELATED POST
人生を諦めない先輩たち

映画『素敵な人生のはじめ方』

2020年6月11日
ファッションから生き方を見つける!
こんにちは、NAOMI が配信しています。 【夢の中へ行ってみたいと思いませんか?】を読んでいただきありがとうございます。 大変化の「新しい時代」に、戸惑ってしまうこと …
人生を諦めない先輩たち

脳科学者テイラー,ジル・ボルト『わたしの脳が壊れてしまった―。』なぜ復帰出来た?

2020年7月3日
ファッションから生き方を見つける!
こんにちは、NAOMI が配信しています。 【夢の中へ行ってみたいと思いませんか?】を読んでいただきありがとうございます。 …
error: Content is protected !!