人生を諦めない先輩たち

102歳の画家「シルクロードに魅せられて」入江一子

 

こんにちは、NAOMI が配信しています。

【夢の中へ行ってみたいと思いませんか?】を読んでいただきありがとうございます。

大変化の「新しい時代」に、戸惑ってしまうことありませんか?

 

 

若い頃のような情熱が薄くなってしまっていることに気づいた時

悲しい!ですね。

 

「もう歳だからいいよ」なんて言わないで

若い頃、見ていた夢の中へ行ってみたいと思いませんか?

新しい時代を、楽しむために挑戦してみましょうよ。

 

入江一子「青いしけをかく」

いつも元気、いまも現役(洋画家 入江一子さん) | 健康長寿ネット

創作の旅では、ヒマラヤの「幻の青いケシ」を求めて標高4500メートルの登山の末、大作に描き上げた。

 

写真:インタビュアー入江一子氏。1916年(大正5年)5月15日、日本山口県萩市

小学6年生の時に描いた静物画が昭和の御大典で天皇に奉納される。

18歳の時、東京の女子美術専門学校(現・女子美術大学)入学。

 

53歳からシルクロードのスケッチ旅行が始まる。

 

53歳から31年掛けて30数か国への創作の旅。

シルクロードのスケッチの旅を始めた心境は、入江さんにとっては待ちに待ったチャンスだったでしょうね。

芸術家にしかない使命感みたいなものが、創作意欲になっているのでしょうか。

93歳でニューヨークに渡り、開催した個展が大好評になったのですから、、、

 

50歳代で海外に行くことを選択したのはどうしてだろう?

 

84歳で東京の自宅を改装して入江一子シルクロード記念館をオープン。

シルクロード訪問地

シルクロード記念館には、53歳から訪れた30ヶ国ののマップがある。

エネルギッシュに歩かれたナーと頭が下がる。

 

 

まとめ

 

芸術家の創作意欲は、私には想像することもできない。

103歳の今も現役で取り組んでいるのだから、、、

 

ABOUT ME
nawomi619
nawomi619
このサイトを運営している naomiです。 65歳からでもひとり旅は遅くない。携帯電話を片手にリュック・スニーカーで、知らない世界に行って見たい。 好奇心のまま歩く・観る・食べ る・聴く 発見がいっぱい!! 感動がいっぱい!!
RELATED POST
人生を諦めない先輩たち

草間彌生91歳は、松本幸四郎に「一緒に戦いましょう」とエールを伝える! 

2020年8月21日
夢の中へ行ってみたいと思いませんか?
こんにちは、NAOMI が配信しています。 【夢の中へ行ってみたいと思いませんか?】を読んでいただきありがとうございます。  …
人生を諦めない先輩たち

映画「潜水服は蝶の夢を見る」の

2020年7月4日
夢の中へ行ってみたいと思いませんか?
こんにちは、NAOMI が配信しています。 【夢の中へ行ってみたいと思いませんか?】を読んでいただきありがとうございます。 大変化の「新しい時代」に、戸惑ってしまうこと …
error: Content is protected !!