人生を諦めない先輩たち

映画「華麗なる冒険」100歳でも自分の人生を生きたアランにエールを送る

 

こんにちは naomiです。

                           大人は夢がない!
                           夢は見るもの、ただ見ているだけ。
ているだけでは、、、、

人生、終わってしまいます。

 

悲しく苦しい感情を抱えたまま生きるなんて、、、

行動せず、後悔をして生きるようなことはしたくないですよね。

 

100歳のアランおじさんは人生がつまらなくなって老人ホームの窓を抜け出した。

好奇心いっぱいで、元気がでますよ。

「華麗なる冒険」をご紹介します。

「華麗なる冒険」

 

作品情報

 

ロバート・グスタフソン

イヴァル・ヴィクランデル

ダヴィド・ヴィバーグ

あらすじ

今日は、アランおじいちゃんの100歳の誕生日です。

老人ホームでは誕生パーティの準備中なのに、
「老人になってたまるか!」と思い老人ホームから逃げ出してしまう。

ひょんなことから大金入りのケースを手に入れてしまい、旅先で出会う仲間たちを巻き込み珍道中をする。

アランの人生は気の向くままに世界をまたにかけ、ハチャメチャな人生を振り返る。

 

感想

老人ホームで生活をするのは、受け身でしかない。

そんな人生、あきらめきれない。

健康なら100歳になってももう少しだけ自由をください!

共感できます。

ハーングレン監督

年をとるとどうしてもライフスタイルが固定化してしまって自由に選択することは難しいけど何事にも心配しすぎないで今この瞬間を謳歌する、そういう生き方を少しでもしてみてほしいということ。いつもとは違う電車に乗って、違うレストランに入ってみて、自分のルーティンを壊してみたら、人生はきっとより楽しめるものになるはずだよ。

 

 

窓から逃げた100歳老人

窓から逃げた100歳老人

原作がスウェーデンのベストセラー小説「窓から逃げた100歳老人」

 

まとめ

映画100歳の華麗なる冒険はつまらない!ネタバレと感想
スケールが大きすぎて、楽しかった

「なるようになるさ」的に楽観主義で生きていく

コメディだけど

「人生、楽しもう」

私には、アランの好奇心が魅力です。

 

ABOUT ME
nawomi619
nawomi619
このサイトを運営している nawomiです。 65歳からでもひとり旅は遅くない。携帯電話を片手にリュック・スニーカーで、知らない世界に行って見たい。 好奇心のまま歩く・観る・食べ る・聴く 発見がいっぱい!! 感動がいっぱい!!
RELATED POST
人生を諦めない先輩たち

井上裕之著「後悔しない人生を送るたった1つの方法」は実行してみるしかないですね。

2020年5月12日
夢の中へ行ってみたいと思いませんか?
こんにちは、NAOMI が配信しています。 【夢の中へ行ってみたいと思いませんか?】を読んでいただきありがとうございます。  …
error: Content is protected !!